転職 エンジニア

エンジニアは年収の上がる転職

転職,エンジニア

転職をしたいと思う理由は人それぞれですが、多くの人に共通するのが年収を上げたいということです。年収のことを考えて職を変えようと考える場合には、その先で本当に年収が上がる可能性があるのかということをよく検討しなければなりません。年収が上がりやすい業種は現在のトレンドになっているものであり、例えばIT業界であったり製造業であったりします。また、職種としては専門性が高いほど良いことが多く、特に資格を有することが必須とされる職種になると年収の向上を期待することができます。しかし、資格を持っていればそれを活用して既に就職していることが多く、そのことを利用した年収の向上を臨むのは難しいでしょう。 したがって、これから新たになんらかの技術を専門学校等で習得し、転職先を探すというのが年収を上げるには可能性が高い道になります。その代表格がエンジニアでしょう。特にシステムエンジニアは不足気味であることから転職先の獲得にも有利であり、IT業界への参入も容易であることから年収の上昇も多いに期待できます。その分、身につけなければならない技術もそれなりに習得が大変ですが、その過程をクリアさえできれば臨む転職を実現できることでしょう。 253

転職で土日休みの求人の特徴

転職,エンジニア

転職では収入と共に労働環境の改善を望みますが、その中でも土日休みの完全週休二日制を希望することが多いと言えます。公務員では完全週休二日制が当たり前ですが、一般企業では未だに隔週二日制や土曜日出勤を採用しているところが多いと言えます。大手企業ほど完全週休二日制が多く中小企業ほど少ないのが現実ですが、大手企業でも工場勤務となればシフト制により不規則な休日となることが多いと言えます。転職時には求人情報だけが企業を判断するものになりますが、求人情報に完全週休二日制の記載があっても実際は異なるケースも多いと言えます。残業や休日出勤が多いとせっかくの完全週休二日制も無意味なものになりますので、企業の実態を把握することは非常に大切だと言えます。入社してからは企業の方針に従うことになりますので、休日出勤が多いからといって退職することは難しいと言えます。求人情報からでは把握できない部分が多いため、いろいろな情報を入手して判断することが大切なのです。一方で中小企業でも完全週休二日制を導入している企業はありますが、主に公共事業を主体にとした企業に多いと言えます。しかし中小企業では慢性的に人手不足があるため、休日出勤が多いと言う現実もあります。 254

更新履歴


このページの先頭へ戻る